東京(品川区)・東京都近郊で 相続税に関するお悩み は 「アイリス税理士法人」 が解決します!
トップページ相続税法改正(平成27年1月)相続相談チャート料金一覧事業所概要相続無料相談
相続税申告・相続税対策(東京都品川区)TOP  > 相続税改正(平成27年1月)相続税大増税。どうなる相続税対策

相続税改正(平成27年1月1日〜) 相続税大増税。どうなる相続税対策

皆さんのご家庭は相続について備えていますか?
今回の相続税改正で、これまで相続税に縁がなかった方も、相続税が課されるケースが出てきます。
万が一、相続が発生した場合に、自分のご家庭・相続人がどのような状況になるのかを、
事前にシュミレーションすることをお勧めします。
遺産を残す立場の方、遺産を受け取る立場の方、相続の様々なお悩みでお困りの方、
わかりやすくご説明しますのでお気軽にご相談ください。   >> 相続無料相談を開始いたしました

相続税法改正の内容

贈与税の緩和改正に対して、相続税は課税強化され、大きな増税となります。
2015年(平成27年)1月1日以降に発生した相続または遺贈により取得する財産から
改正された相続税法が適用されます。

基礎控除の4割縮小(増税方向)

遺産に係る基礎控除額が引き下げられます。

これまでは相続する財産の合計が6,000万円以下であれば税金はかかりませんでしたが、
平成27年1月1日からは、3,600万円以上の相続財産がある場合は課税対象者となります。
※法定相続人が一人の場合。

今回の相続税法の改正で、資産が少額な層に課税対象が広がることになり、
これまで富裕層のものだった相続問題が庶民も対象となってきます。

最高税率の引上げ<8段階、最高税率55%>(増税方向)

最高税率の引き上げなど税率構造が変わります。

相続税の税率区分が現行の6段階から8段階に変更され、
最高税率が現行の50%から55%に引き上げらます。

取得金額が2億円を超えると税率の引き上げと基礎控除の縮小が重なる場合もあり、
現行と比べて かなり負担が増加するケースがあります。
富裕層や資産家に対する相続税の負担がより一層大きくなります!

「未成年者控除」および「障害者控除」の引上げ(減税方向)

未成年者控除の控除額が引き上げられます。障害者控除の控除額が引き上げられます。

相続人が未成年者または障害者である場合には、
被相続人の死後における生活の安定のために、税額控除の規定が設けられています。

小規模宅地等の特例の見直し(減税方向)

居住用の宅地等(特定居住用宅地等)の限度面積が拡大されます。居住用と事業用の宅地等を選択する場合の適用面積が拡大されます。

<特定居住用地の適用面積の拡大>

被相続人または被相続人と生計を一にしていた被相続人の親族の事業用または居住用に
供されていた宅地等がある場合には、一定の要件の下に、遺産である宅地等のうち、
限度面積までの部分について、相続税の課税価格に算入すべき価額の計算上、
一定の割合を減額するする特例です。

この特例の対象となる330平方メートルの宅地等を相続した場合、
改正後は330平方メートルまで評価額を80%減額できるようになりました。

相続税の申告が必要な相続の多くのケースでは、土地が遺産に占める割合が高いケースが多く、
小規模宅地相続の遺産評価実務において特に重要な特例です。

<適用要件の緩和>

・ 二世帯住宅に居住していた場合
 二世帯住宅が構造上区分された住宅であっても、一定の要件を満たす場合、
 その敷地全体について、特例の適用ができるようになりました。

・ 老人ホームなどに入居または入所していた場合
 相続開始の直前において被相続人の居住の用に供されてなかった宅地等について、
 一定の要件を満たす場合、特例の適用ができるようになりました。

相続税申告198,000円 キャンペーン

相続・贈与・生前対策「相続無料相談会」

事業所案内

アイリス税理士法人

<東京都品川区>

〒141-0031
東京都品川区西五反田
二丁目29番5号
日幸五反田ビル5階
TEL 03-5436-3737
FAX 03-5436-3740

主なサポート地域

<東京>

【東京都内】
千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、葛飾区、江戸川区、目黒区、 大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区
【東京都近郊】
千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県
アイリス税理士法人・東京事務所  〒141-0031 東京都品川区西五反田二丁目29番5号 日幸五反田ビル 5階 TEL:03-5436-3737 FAX:03-5436-3740